メニュー

白内障手術

当院での白内障手術について

白内障の手術は、濁った水晶体を超音波で除去し、新たなレンズを眼内に挿入する手術です。
豊富な実績を持つ院長が、安全で患者様の負担の少ない手術を行います。

手術の所要時間は10分程度で、痛みを感じることはほとんどありません。

当院では2.4mmの極小切開で手術を行い、感染や乱視のリスクを軽減しています。
万一術中合併症が起きた際にも、当院では対応(硝子体手術)ができるため、最適な治療を行うことができます。

難治性白内障の治療も可能です。他院で断られた難症例でもできる限り対応しますので、ご相談ください。

白内障とは

白内障とは、目の中にある水晶体(レンズの役割をしています)が濁ることで、光が眼の奥に届きにくくなるために視力が低下して物がかすんだり、ぼやけて見えるようになる病気です。

白内障は加齢とともに誰にでも起こります。
加齢以外の原因としては、糖尿病、ステロイド薬の使用、外傷、アトピー性皮膚炎、強度近視、ぶどう膜炎などがあり、比較的若い年齢でも白内障にいたってしまうことがあります。

白内障の症状

白内障を疑う症状としては下記のものがあります。
心当たりがある場合には、検査をお勧めします。

  • 物がかすんで見える
  • まぶしくなる
  • 物が二重、三重に見える
  • 眼鏡やコンタクトで調整してもぼやけて見える
  • 裸眼での視力が不安定である
  • 色が鮮やかに見えない
  • 目が疲れやすい

白内障の治療

各種検査によって、白内障の有無や程度を診断いたします。
日常生活に支障がない場合には、点眼薬により白内障の進行を遅らせる治療を行います。

一方で、既に進行してしまった白内障による症状は、点眼薬では改善できないため、医師とご相談の上、適切な時期に手術を受けることをおすすめします。

視力低下がない場合にも、狭隅角のために急性緑内障発作のリスクがある場合や、硝子体手術を行うときには白内障手術が必要になることがあります。

手術費用について

一般的な単焦点レンズを使用する手術は保険適応です。ご負担いただく手術費用の目安は以下の通りです。

1割負担 2割負担 3割負担
約14000円 約28000円 約42000円
  • 上記は片目あたりの費用です。両眼の手術をご希望の場合、同一月内に手術をしたほうが高額療養費制度による還付が多くなる場合があります。詳しくは下記に述べてあります。
  • 多焦点レンズの場合は選定医療あるいは自費診療になります。詳しくは下記に述べます。

手術前日までの流れ

1.手術日の決定

医師による診察の後、手術日を決定します。

手術についての説明と術前の検査を受けていただきます。

2.手術3日前から

感染症予防のため、抗生剤の点眼を開始します。
手術をする方の眼に1日4回、必ず点眼して下さい。

3.手術前日

入浴と洗髪を済ませてください。

手術当日の流れ

  • 手術当日は普段通りにお食事を済ませ、服用しているお薬がある場合は普段通りに飲んでいただけます。
  • 散瞳薬(さんどうやく)の点眼をしていただきます。
  • 医師による術前診察の後、手術室にお入り頂きます。
  • 十分な消毒を行い、手術を開始します。
    (進行具合や目の状態によりますが、手術の所要時間は10分程度です。)
  • 手術が終わってからは院内で安静にして頂き、体調などに異常がなければお帰りいただけます。


術後の注意点

・術後は眼を強くつぶったり、押さえたりしないで下さい。
・目の周りを清潔に保って下さい。
・決められた回数の点眼を必ず継続して下さい。

・洗顔、入浴、洗髪については医師の指示に従って下さい。

眼内レンズの種類

白内障手術の時に眼内に挿入するレンズには、下記の種類があります。

1.単焦点レンズ

一般的に使用されている眼内レンズです。遠方を裸眼で見えるようにした場合には、手元を見るために眼鏡(老眼鏡)が必要となります。また、近方を裸眼で見えるようにした場合には、遠くを見るために眼鏡が必要となります。レンズ代を含めた手術代金が全て保険診療の対象となります。

2.多焦点レンズ

近くも遠くも眼鏡なしで見えるようにするために工夫された新しい技術を用いたレンズです。近くや遠くの見え方はレンズの種類によって差があり、術後の見え方によっては眼鏡がやはり必要となる場合があったり、多焦点レンズ特有の特殊な見え方が不満となる場合があります。
レンズの種類により、①選定療養(手術代は保険診療で、眼内レンズ代は自己負担)になる場合と、②自由診療(手術代も眼内レンズ代も全て自己負担)になる場合があります。

眼内レンズの種類や術後の見え方については、別ページで詳しく解説しています。

▶︎詳しくはこちらへ

手術の合併症について

一般に、一定の確率で合併症が生じる可能性はありますが、当院では合併症の処置に必要な硝子体手術に対応しており、万が一合併症が生じた際にも最適な治療を行います。

高額療養費制度について

手術など高額な治療費の一部が還付される制度があります。

手術費など治療費が高額になった場合に、一定の自己負担上限額を超えた費用が払い戻される制度(高額療養費制度)があります。年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められています。またいくつかの条件を満たすことで、負担をさらに軽減する仕組みも設けられています。
所得・年齢ごとの自己負担上限額及び申請方法など詳細については、厚生労働省のホームページ「高額療養費制度を利用される皆さまへのPDFファイル」をご覧ください。

厚生労働省のホームページ

  • 高額療養費の還付は、1ヶ月分ごとの支払額の合計が対象となります。
  • 高額療養費制度により、両眼の手術は同一月内に手術をした方が還付が多くなる場合があります。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME